メニュー

糖尿病について

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖値)が病的に高くなる病気です。

確かに悪化すると、尿中にも糖が出るようになりますが、尿に糖が出てないからといって、糖尿病ではないとは言えません。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。

膵臓は血糖を下げるインスリンという物質を体の中で唯一作っているところです。

糖尿病の大多数を占めるのが「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。

「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、文字通りインスリン療法が必要な病気で、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されて、インスリンを膵臓が作ることができなくなることでおきる糖尿病です。

糖尿病は合併症(動脈硬化、神経障害、網膜症、腎症、足壊疽、網膜症、白内障など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。悪化する前に見つけて早めの治療・対策が重要です。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME