メニュー

高血圧について

日本人のおよそ4000万人は高血圧と言われるほど多い病気です。あまり症状はないことが多いのですが、急激に血圧上昇をきたすと、後頭部が重くなったり、更に重症だと臓器障害や心不全になる方がいらっしゃいます。また程度は軽くても長年放置されると動脈硬化がすすみ脳疾患や心臓病、腎不全の原因にもなります。程度にもよりますが高血圧学会のガイドラインでは血圧の高い方はまずは塩分制限を中心としたきちんとした日常生活を送るとともに、日々変化する血圧を把握するために家庭血圧を測定することがすすめられています。高血圧はおよそ9割が年をとるにしたがって徐々に動脈硬化がすすみ血圧が上がる本態性高血圧、いわゆる原因のない高血圧です。残りの1割が原因の病気がある二次性高血圧になります。二次性高血圧の原因としては睡眠時無呼吸症候群(SAS)や腎臓の上にある副腎が腫れたり、腎動脈が狭くて血圧上昇をきたす物質が出ることによって高血圧になることがあります。比較的若い方が高血圧になった場合は特に二次性高血圧を疑う必要があり、内服以外の治療の適応になることもあります。当院では二次性高血圧の検査や必要に応じて精密検査や治療のご案内もしております。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME