メニュー

心不全について

心不全心不全とは心臓からでる血液の量が不十分だったり、全身が必要とする血液量が増えることによって、体の循環量を保てなくなる状態をいいます。

原因としては、心筋梗塞や心臓の筋肉の病気などで心臓のポンプ機能が低下することによるものや頻脈性の心房細動など不整脈によるもの、ポンプ機能は保たれているものの血圧が著明に高い状態が続くことによっておこるものなど様々です。また急になるものだけでなく、慢性的なものが感染症をきっかけに悪くなることもあります。

心不全におちいると、全身のむくみ、手足の冷感、倦怠感、呼吸困難等の症状が現れ、死に繋がることもあります。

診断・治療

胸部レントゲン検査、採血、心電図、心臓エコー検査等を行ないます。急に悪くなり入院が必要になる場合はご紹介させていただきます。慢性的な心不全は脈をおちつける薬や心臓を保護するような作用のある薬、利尿薬などの投薬治療が中心となります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME